RAVPower90w&Ankerケーブルで速度2.5倍強!!【比較】MacbookもiPadも高速同時充電

ガジェット

どうもこんにちはRYOです

Apple純正の充電器より2.5倍強も早い充電器ライトニングケーブルを比較検証していきたいと思います。

これ一つで十分RAVPower 90w USB-C PD

  • アイテム開封
  • 純正と充電比較
  • 充電器大きさ比較
  • ケーブルデザイン比較
f:id:Rnew:20200925194807j:plain


驚異のRAVPower 90w USB-C PD

最新のAnker PowerLine Ⅲ USB-C&ライトニングケーブル

充電器はタイプCのポートが2つ付いたRAVPower 90w USB-C PD

ケーブルは現状一番新しいAnker PowerLine Ⅲ USB-C&ライトニングケーブル

を選びました。

f:id:Rnew:20200822150835j:plain

3代目iPadairで

充電0%状態から30分間で何%充電できるかを検証

開封してすぐに体感できるPD充電器+ケーブル標準セット

まずはRAVPowerを開封していきます。

中にはサラサラとしたビニールに入った

本体・取り扱い説明書・サンキューカードが入っていて更に1.5mのUSB-CtoCのケーブルが付属しているで、

新型のiPadproやMacbook等、このRAVPowerが手元に届いたらすぐPDのすごさを体感することが出来ます。Good⤴

f:id:Rnew:20200822151316j:plain
f:id:Rnew:20200822151418j:plain

まとまった綺麗なデザイン

 表面の仕上げはポートがある面はサラサラとした質感で

広い面の両サイドは光沢の仕上げになって全体的にまとまった綺麗なデザインとなっています。Good⤴

 カラーはホワイトのみ。

f:id:Rnew:20200822151509j:plain

コンセント折りたため持ち出しが容易に

この製品は外に持ち出す事も視野に入れているのでコンセント部分が折りたためるのは非常にありがたい仕様とです。Good!!

ヒンジ部分はかなり頑丈に作られていてカチッカチッと大きな音が鳴ります。

f:id:Rnew:20200822151559j:plain

【ケーブル】Anker PowerLine Ⅲを開封

・PD対応ケーブルであることを記すカード。

Happy?Not happy?カード。

・本体のUSB-C&ライトニングケーブル

他のケーブル比較も後の方で説明しますが、

Anker PowerLine Ⅲの特徴を簡単に説明します。

・Appleによる安心して使えるMFI認証を取得  Good⤴

・持ち手の端子部分はザラザラしていて取り付け取り外し時に摩擦が生まれ力が入れやすく、今まで使ってきたケーブルの中で一番取り付け取り外しがしやすいデザインになっています。Good⤴

・Apple純正だとこうは行かず指先に力が入ってしまったり、少し離れた部分を持って引き抜くといった事をしていました。

 【比較】純正システムと今回のシステムの充電速度

それでは

第3世代のiPadairが0%の電源が落ちた状態から30分で何%になるか

Apple純正の充電器とケーブル

今回購入したRAVPower90wの充電器とAnker PowerLine Ⅲケーブル

この2つで比較をしてみます。

f:id:Rnew:20200822151833j:plain

今回は電源ハブは使わずコンセントに直接差し込んだ状態で検証

・RAVPower 90w USB-C PD + Anker PowerLine Ⅲ USB-C&ライトニングケーブル

36Good⤴

・Apple純正充電器 + Apple純正ライトニングケーブル

14Bad⤵

結果

同じ時間で純正よりも2.5倍強もの容量、充電が可能に!!

f:id:Rnew:20200822151949j:plain

次に僕が持っている充電器4種類の大きさを比較していきます。

【比較】充電器4種類

1.【Apple】       5w    充電器

2.【Apple】       10w  充電器

3.【Anker】       39.5w      充電器

4.【RAVPower】90w        充電器

並べてみるとこんな感じになります。

f:id:Rnew:20200822152046j:plain

こうしてみると

僕が使っている電源ハブに対して1つだけ黒い【Anker】39.5wはコンセントの挿し込みに対し横広で他の充電器に干渉しています。

これは大きな問題ではなかったのですが、少しモヤっとしていましたが今回のRAVPower90wは他の充電器を並べで挿し込んでも干渉せずに挿し込めることができます。Good⤴

f:id:Rnew:20200822150647j:plain

今回紹介するRAVPower90wは他の充電器と比べてコンパクト

とは正直言い難いですが、

パソコンを充電できる充電器の中ではコンパクトと言えます。

 Good⤴

f:id:Rnew:20200822150638j:plain

しかもUSB-Cポート2つもついており、僕の使用環境

1つのポートはiPadかiPhoneの充電

1つはPCの給電充電も(PremierePro作業+ファイル複数立上げ)

この様な状態(2つ同時出力最大45w)でも問題なく使えます。

こんなタフに使えこのサイズは現状最強だと思います。Good⤴

f:id:Rnew:20200822150627j:plain

重さに関しては190g前後で大きさに対して重く

中身が詰まっている感じがします。

ですがMacbookproに付属してくる61wの充電器とほぼ同じ重さなので

日頃61wの充電器を持ち歩いてる方にとっては90w2ポートと性能は上がりますが、重さに関しては大きな変化はないかと思います。

f:id:Rnew:20200822150642j:plain

【比較】ケーブルデザイン

次に僕が持っているケーブルの比較をしていきたいと思います。

1.【Apple】       C to ライトニング

2.【Anker】       C to ライトニング

3.【Anker】赤    A to C

4.【RAVPower】付属 C to C

今回紹介するAnker PowerLine Ⅲ USB-C&ライトニングケーブルは

Apple純正のケーブルに比べ

持ち手の部分は幅が広く縦にも長くなっています。

f:id:Rnew:20200822152432j:plain

純正は仕上げはツルっとした光沢仕上げになっており、

小さくこの部分をつかんで外すにはコツが必用ですが、

今回購入したケーブルには斜めに///凹凸の加工がしてあり、

簡単に取り付け取り外しができる仕上げになっています。Good⤴

ケーブルの太さは純正に比べて一回り太くなっていて、

あまりにも太すぎると充電をしながらの操作の際に鬱陶しく感じてしまう事を懸念していましたが、個人的には許容範囲だと思います。

そして

二年前に購入した赤ケーブルとの比較をしていきます。

f:id:Rnew:20200822150630j:plain

ケーブルの素材は別物なので先端部分を見ていくと赤ケーブルのほうは中央に光沢のラインが入っていてデザイン的には好きですが、新しいケーブルに比べると夏、汗ばんでいる時期だとやっぱり滑ります。

AnkerにはPD可能なUSB-C to ライトニングケーブルで光沢があってもっとカッコいいPowerLine +Ⅲケーブルもありますが個人的には

このPowerLine Ⅲおすゝめします。Good⤴

まとめ

  • 自宅でも出先でも最強

この組み合わせで自宅ももちろんですが、

出先で端末の充電が切れるのが心配だという方も

30分で2.5倍以上も充電できるので、

充電を節約して使わなくても思いっきり使うことができるかと思います。

  • これからはタイプC

充電方式はタイプCのものが多くなっていくと思います(すでになってる!?)

タイプAを使っている方もPDに対応したタイプCの充電器に乗り換える良い時期だと思います。

これで以上となります。

充電器やケーブル 何を買おうか迷っている方に少しでも参考になれば幸いです。

それでは~また。

f:id:Rnew:20200822150835j:plain