【土屋鞄製造所】Lファスナー4年・マウスパッド1年の経年変化

土屋鞄製造所アイテム

僕が愛用している土屋鞄製造所

・Lファスナーが4年

・マウスパッドが1年

経過したので

経年変化【エイジング】を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

革にはデメリットがあります。だけど好き。

革にはデメリットがあります。

RYO
RYO

「デメリット」と捉えるかは自分次第かも。

革は

使っていると汚れます

使っていると傷がつきます

水によってシミになります

定期的なメンテナンスが必要です。

 

そ・れ・で・も

僕は革が好きです。

 

革ならではの温もり

革ならではの質感

革ならではの香り

革ならではの唯一無二の模様

革ならではの経年変化(エイジング)

これらが好きで

メンテナンスも全く苦ではなく、むしろ好きで楽しみの1つとなっています。

 

スポンサーリンク

【経年変化】4年間使用ナチューラヌメ革Lファスナー

 

この財布は思い出深く、

僕が初めて買った革財布。

質感、仕上げが丁寧で所有感が高く、気づけはもう4年も使っています。

4年経つとこんな感じになります。

スポンサーリンク

【感想】4年間使用ナチューラヌメ革Lファスナー

メンテナンス

購入したすぐは、少しでも早くエイジングを楽しみたかったので

2、3か月に1回クリームを塗って、天気の良い日には日向ぼっこをさせていました。

光沢が出始めた1年程度経った後は、

革がカサついた時や、汚れが気になった都度、メンテナンスをしていました。

 

4年間使って来ましたが紐のほつれも全く無く、まだまだ使えそうです。

蝋引きされた紐ってこんなに丈夫なのかと驚かされました。

革の質感は4年前と違って毛穴の凸凹が浅くなり、全体的に艶が出てきています。

 

カードを入れているので表面にカード跡が出てきていますが、個人的にはこれも

ホワイトラインが出てきて、より立体感が出るので、エイジングのいいポイントかと思います。

 

 

メンテナンス用品

 

 この3つがあれば大抵の革製品のメンテナンスができます。

お好みに合わせてクリームに色がついてあるモノを選んでもいいかと思います。

僕の場合、長期間履いてなかった靴の色褪せてしまったモノには革の色によってブラウン色を

選び、保湿と同時に革に色をのせてあげています。

艶だし保湿クリーム↓

磨きブラシ↓

汚れ落としステインリムーバー↓

革の柄は「運命の柄」

革の柄には複数の模様があり、同じものは2つと無く、手元に届くまで

どのような柄が入っているかわかりません。

どんな柄であっても、大切に使っていくとエイジングが進み、2つと無い柄と自分の使い方次第で

自分だけの特別な財布になるので愛着が増していきます。

 

僕の場合、

革の表面に血筋が入っていますが、エイジングすると濃ゆく、黒くなっている感じがします。

RYO
RYO

電子決済が普及してきたので

メインの財布になりました。

ナチューラ ヌメ革Lファスナー / 土屋鞄製造所
厚く丈夫な革、シンプルな形。使い込むほどに、自分の色になる。

【経年変化】1年間使用ナチューラヌメ革マウスパッド

【感想】1年間使用ナチューラヌメ革マウスパッド

こちらはLファスナーよりも手に触れている時間が長いのでエイジングの進みが早い気がします。

 

クリームでメンテナンスをしているので全体的に濃ゆくエイジングしていますが、

手首部分局所的にエイジングの進みが早いところがあります。

 

手首の汗染みの影響か、メンテナンスでは取れない染みがあります。

エイジングの進みに濃淡がありますが長い間使っていると、これもこれで愛着が湧いてきました。

マウスはLogicoolのMXマスター3を使っていますが少し小さい気がします。

 

背面はスエード調になっていて、机の材質によっては滑るかもしれません。

大きめのマウスを使うとこんな感じ

 

Lファスナーと同様で、

革の端の部分のコバはきれいな光沢仕上げになっているので、とても高級感があります。

 

RYO
RYO

冬の机は冷たいから、

よりマウスパッドの温もりを感じられそう。

ナチューラ ヌメ革マウスパッド / 土屋鞄製造所
デスクに革の温かみが差す、シンプルな一枚の贅沢。

まとめ「土屋鞄製造所 様へ」

革の質感

つくりの精度の高さ

ものづくりへの思い

なんといっても購入してからの所有感がとても高く

 

僕も小さい頃からものづくりが好きで共感というか

純粋に好きだなと思い、とりこになってしまいました。

そして、コロナの時期にお店に足を運べないこともあり、

土屋鞄製造所のランドセルを

YouTubeで一生懸命説明してくださっている姿を見て

そういった取り組みもしているんだなと感激しました。

 

今後もこのLファスナーとマウスパッドを大切に愛用していこうと思います。