Logicool MXマスター3をおすすめ!マウスは投資すべき美しいUI。

ガジェット

機能もさることながら

人間工学的観点から出来たこの美しいデザインに今日もほれぼれしながら

道具として、大事なUIとして使っています。

Logicool フラッグシップモデルマウスMX MASTER3をレビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

待望!フラッグシップマウスを開封!

さて、長い間検討してきたMXマスター3を開封していきます。外観はこんな感じ。

外箱はマットブラックの下地に水色のテキスト。

正面にはマウスの絵が下地と材質違いで浮き上がって見えるようになっています。

RYO
RYO

モノトーンに水色の差し色って

なんだか近未来のガジェットを連想させますよね。

内容物は

マウス本体・USBタイプA to C・UNIFYING レシーバー・保証書・リサイクル方法の紙

タイプCで急速充電ができるのは大きいですね。

フル充電で70日、1分の充電で3時間も使える。

バッテリーに関しては困ることはなさそうです。

スポンサーリンク

MXマスター3(ミッドグレイ)外観

人間工学的に作られたマウス…『美しい

後ろから見るとマウスだとは思わせないような、まるで近代建築物のような曲線美

普通のマウスに比べると明らかに大きめ。

最初、大きすぎてとまどいます。

RYO
RYO

後ろからの見た目が1番好きだな

手かぶせたら見えないけどね(笑)

自然と手にフィットするシルエット

机に手を置いた状態から自然に手を持ち上げます。

重力で関節が曲がり、丸まった状態からそのままかぶせると…あらっ⁉

自然とフィットしてしまいました。

Who
Who

僕はなんだか違和感あるんだけど…?

RYO
RYO

そう。僕も同じ!なんだか違和感があったんだよね。

マウスの持ち方、つまみ持ちかぶせ持ちの違いだと思うんだ~。

このMXマスター3はかぶせ持ちが自然体なんだと思うよ。

マウスを親指・薬指・小指でつまんで移動させる。

つまみ持ちの方は使いずらいと感じてしまうかもしれません。使えなくはないですがマウス自体ほかのマウスに比べて重いので指の疲労の原因になります。

かぶせ持ちだと、手の平にも力が分散するので問題なく使えると思います。

質感は

手の平に当たる部分は固いゴムのよう。

クリックする箇所は艶消しのプラスチック。

メインホイールはスチールの削り出しかな?つなぎ目がなく1つの塊になっている。

サムホイールは2つの材質で構成されている。

メインホイールとサムホイールの良さ

メインホイール

MAGSPEEDホイールという電磁気が使われ今までに使ったことがない『コリコリ感』で素早くスクロールすると『コリコリ感』自動で無くなりハンドスピナーのようにスッーーーーっと回り続け1秒に1000行ものスクロールができます。

ついつい回してしまいたくなるホイールです。

マウス中央のモードシフトボタンを押すと『コリコリ感』が無くなり、ものすごく静かなスクロールができます。

サムホイール

サイドに設けられたスクロール

メインホイールと違い、滑らかな回し心地。グリース?ほんの少しだけ回す時にヌルっと感触があり、ちゃんと回していると言う感覚があります。

このサムホイールもカスタムの割当ができます。

物理的には1つのホイールですが、正面向かって回り・回りと2つのキーを割り当てることができカスタム割当次第ではものすごく重宝しそうです。

RYO
RYO

え⁉そんなところも割当られるのか!

効率化の幅が広がるね!

スポンサーリンク

簡単にできるカスタマイズ

RYO<br>
RYO

取説なかったけど、

レシーバーを挿すだけでソフトウェアが起動するから

そこから機能を知ったり・設定を使えるようになるんだ。

レシーバーを挿すだけでショートカットをカスタマイズ出来るソフトウェアインストールが立ち上がります。

動画作製用のプレミアやファイナルカット、画像編集のフォトショップ、

その他実務用のExcelやword、PowerPoint、一般的なブラウザは最初からオススメするショートカットが割り当ててありました。

推奨に自分がカスタマイズしたいショートカットがない場合は、キーストロークの割当の欄で実際にキーボードで入力して記憶させることができます。

Logicooloption

Logicool公式サイトからでもソフトウェア(Logicool Option)をダウンロードすることができます。

惹かれるFlow機能

Logicooloption

このマウスとLogicoolのソフトウェア(Logicooloption)があれば他のPCにワイヤレスでデータ送信が簡単にできます。

これをするには3つの条件が必要です。

  • 両方のPCにLogicooloptionをダウンロードする事
  • 両方のPCにマウスのペアリングをする事
  • 両方のPC同じWi-Fiに接続されている事
RYO
RYO

自宅用PC・持ち出すPCの2台持ちの人は便利そうだね!

今の時代クラウドでデータの受け渡しもできますが、クラウドに「入れる」「引き出す」って言う

ワンテンポ・ツーテンポも工程を省けるので便利だと思います。

データ送信速度はそんなに早くない感じがしますが簡単な資料や写真はらくらくできますね。

まとめる

Who
Who

デメリットはないの?

RYO
RYO

デカくて重い。

デメリットを上げると大きくそして重い事が挙げられます。

ですがこれは持ち運ぶのであればの話です。形も特殊なのでバックの中にきれいに収まらずスペースをとってしまいますね。確実に。

なので、ある一定の場所で使う。このマウスは家用!

と決めてしまえば間違いなく効率化の可能性を広げる最高のマウス投資すべきマウスだと思います。

長期間の滞在など、このマウスを安全に持ち運びできるように収納ケースもあるみたいです。

大事なマウスなので持ち運びは慎重に扱いたいですね。

最近では持ち運びも視野にいれたMX ANYWHERE 3が発売されました。

カスタマイズできる数が減ったもののMXマスター3と同じようなスペックでとても魅力的です。

外でもアクティブに使う方はこちらもいい感じですね。

写真を撮ったので載せておきますね雰囲気伝われば幸いです。

それでは~また。

写真

このマウスで効率化を。