「カッコいいそれだけの意義」モニターアームを紹介したいGREENHOUSE GH-AMCD01(グリーンハウス)

ガジェット

今回はモニターアームを購入したのでレビューしていこうと思います。

㌽まとめ

  • コスパ良し
  • 見た目良し
  • 取り付けやすいVASAマウント

モニターアームをつけるとスッキリした印象になりますが、

お肌と一緒。1つスッキリすると違うものが見えてくる

今回はキーボードのコードが際立ってしまいました。(ワイヤレスを検討)

それでは開封

f:id:Rnew:20200528034629j:plain

 今回は GREENHOUSE GH-AMCD01

グリーンハウスを購入

カラー展開はブラック・ホワイト

ホワイトモデルは-WHが付きます。

GREENHOUSE GH-AMCD01-WH

内容物は

説明書、本体、1から10の番号が振られた袋の中に部品

AからHのアルファベットが振られた袋の中に部品

以上。     

f:id:Rnew:20200528035015j:plain
f:id:Rnew:20200528035018j:plain


お、六角レンチと+ドライバーが付いてのはありがたい

商品をウキウキワクワクで待っていながら、いざ届き

「あれ六角レンチ合わんやん、、、(´;ω;`)」 

となる心配がありません。

この手のモニターアームは正直どれを買うか迷いました。 

  • VESAマウントインターフェース規格に対応
  • 27インチのモニター対応

これが条件

デザインを気に出したらキリがないと思ったのでデザインに関しては優先順位を落としました。モニターアーム自体は作業側からは見えなくてもいい。

そもそもモニターアームを取り付けたい理由は

パソコン下の空間を活用したかった為

しいて言うなら、

モニター浮いていたらなんだかかっこよさげ

正直それだけです。

「それだけ」と言っても(それだけが)どれほど大きな意義をもつのか使ってみて

わかりました。

かっこいいと思えるデスク環境を作る

そこで作業をする

明らかにモチベーションが上がり作業に集中することができます

f:id:Rnew:20200528035143j:plain

スペックは~こんな感じ

ガススプリング

4軸

C型クランプか~グロメットで取り付け

10インチ~27インチ対応 

VESA規格の~75mm□と100mm□に対応 

耐荷重は~3~7キロ3キロ未満のモニターは使用できないとのことです。

f:id:Rnew:20200528035215j:plain

稼働域は~

上に85度下に45度

左右に90度

モニター回転は360度となっています。

f:id:Rnew:20200528035300j:plain

 組み立てる前にまずは~机の上をかたずけて

軽くフキフキしていきたいと思います。

f:id:Rnew:20200528035358j:plain

机の上がきれいになったので組み立てていこうと思います。

まずはアーム本体を袋から取り出していきます。

アームはバンドのようななもので縛られていて

取外す時は注意が必要です

f:id:Rnew:20200528035417j:plain

ガススプリングをバンドで強制的に折りたたんだ状態なので

バンドを外した際にグワンと跳ね上がり顔や手を強打する可能性があります。

十分に気を付けてください

f:id:Rnew:20200528035502j:plain

 僕の場合は握力が強い利き手、右手で鷲づかみした状態で  バンドを外し、左手を添えてゆっくりと伸ばして行きました。

質感は光沢のあるプラスチックのよう。

プラスチックは安っぽいというイメージですが

モニターをつけると正直見えません。

見えると言ったら机に固定してある根本だけです。 

取付方法は二種類

机にコの字で挟むCクランプ式

机を貫通させるグロメット式 

があります

今回はCクランプ式で取り付けていくので

まずは⑤を本体アームに取り付けていきます。

使用するネジはDのネジとなります

f:id:Rnew:20200528035718j:plain

取り付けが完了したら~

⑨のすべり止めをつけていきます。

丸いシールは4つありシールをつけるだけで簡単だと思っていた僕は

取り付け位置を間違えました。つい先ほど取り付けたネジが3本だったため、このすべり止めも3つ取り付けて一つは予備だろーと勘違いしていました。

ん?何か違う

このすべり止めはアーム本体の四隅4つに取り付けるのが正解だったみたいです。

f:id:Rnew:20200528035812j:plain

続いてクランプ式の下の部分に10番のすべり止めをつけていきます。

使うのは外側のリングだけで内側の円は必要ありません。

f:id:Rnew:20200528035956j:plain

このままだとまだクランプ式が機能しないのでアームに取り付けたクランプの一部と

もう一部を取り付けていきますここで使用するネジはEのネジになります。

アームに取り付けたクランプの一部に穴は四つ

したクラン部にはなじ穴が2つ

天板の厚みを確かめてから~はめ込む位置確認してください

説明書を見ていると天板20mmから100mmの厚さに対応しているみたいです。

僕の机は25mmので一番アーム側に近い位置の穴二つに取り付けました。

f:id:Rnew:20200528040057j:plain

アーム部分が完成したので早速机に取り付けていこうと思います。

・・・

アームってどこ付けるの?

なぜか僕はアームを自然なあ流れで机の真ん中に取り付けてしまいました。

水平の机 垂直のアーム、僕はシンメトリーが

好きだったみたいです。

f:id:Rnew:20200528040142j:plain

今回はクランプ式で取り付けたため移動が容易でしたが

グロメット式の場合

調整の都度机に何か所も穴が開いてしまうといった悲惨な目に合わずに済みました

モニターアームをどこにつける正確な位置がわからなかったため

とりあえず机の右側に付け直しました。

モニターをつけて再度微調整していこうと思います。

PHILIPS27インチの モニターディスプレイ 271E1D/11 

6.36 Kg

これを取り付けていこうと~思います。

VESA規格のマウントはこんな感じ

f:id:Rnew:20200528040255j:plain

100㎜□の上部にくぼみ機構のおかげで簡単に取り付けることができました。

取り付け方ですが

最初にモニター側のネジ穴4つあるうちの上部二つに

ワッシャーとAのネジを

軽くとりつけておきます。

f:id:Rnew:20200528040826j:plain

次にこのくぼみに先ほどとり付けたネジを引っ掛けてモニターをネジ2つで釣るような状態にしたのちに

したのネジ二つも取り付けます。これで取り付け完了です

モニターとアームを取り付けるネジですがAからC

3つの種類がありお使いのネジ穴に合ったものをお使いください。

f:id:Rnew:20200528040940j:plain

配線はこんな感じ

f:id:Rnew:20200528041049j:plain

モニターを動かした際にヒンジの部分は少しケーブルにたわみを持たせ負担がかからないようにしています。 

正面から見たらこんな感じ

f:id:Rnew:20200528041119j:plain

モニターを浮かせることでだいぶんスッキリとした印象になりました。しかし

その他のキーボード配線などが少し眼立つように感じ

違うモヤモヤが際立つようになりました。

キーボードもワイヤレス化を検討したいと考えています。

キーボードも何かお勧めのモノがあれば教えて下さると幸いです。

それではまとめに入らせていただきます。

GREENHOUSE GH-AMCD01

を使ってみて

  • 主張しないが機能的
  • なんだかかっこいい  

以上です

ありがとうございました。

上記はAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

f:id:Rnew:20200618183146j:plain