【高級木材】ウォールナットに蜜蝋ワックスで磨き上げ

DIY

今回は世界大三銘木ウォールナットの天板を購入したので

レビューそして未晒し蜜ロウワックスでの仕上げをしていきたいと思います。

Amazon.co.jp: シックハウス対策に天然成分100%ワックス『未晒し蜜ロウワックス』/Aタイプ 100ml : DIY・工具・ガーデン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、シックハウス対策に天然成分100%ワックス『未晒し蜜ロウワックス』/Aタイプ 100mlを DIY・工具・ガーデンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 机の脚も別に購入したのですがまだ届かないという事。

机を早く磨きたいその気持ちがまさり今回は天板を磨くだけになります。

f:id:Rnew:20200610190955j:plain

世界三大銘木という言葉ご存じでしょうか?

世界三大銘木には「ウォールナット」「マホガニー」「チーク

の三つの種類があり

それらは木目の見た目が美しく長持ちし高級家具などに使われる木材です

その中でもウォールナットの特徴

人が触れることで風合いが増す「経年変化」を楽しめる

僕の大好物の特徴を持っています。

 それでは開封

f:id:Rnew:20200610191023j:plain

今の段階では研磨して何も保護剤を塗っていない状態なので白っぽく

かすんで見えます。

f:id:Rnew:20200610191028j:plain

ですが今回使う未晒し蜜ロウワックスで磨くと木の質感を保ちつつ

暗めなブラウンに上品な光沢感になります。

今回、このウォールナットの天板はMARUTOKU SHOPで購入させえていただきました。いい買い物をさせていただきました^^

MARUTOKU SHOPさんのHP↓

木材通販のマルトクショップ
笑顔と木のある暮らし創りのお手伝い
f:id:Rnew:20200610191040j:plain

幅や長さ厚さなど上限はありますが自分に合った加工をオーダーすることができます。

今回、僕はー幅55センチ長さ120センチ厚さ3センチ

短辺2か所と長辺1か所を5R、長辺1箇所を糸面の仕上げにしました。

5Rとは机の辺の部分を5㎜のカーブを付ける加工で

なだらかに仕上げになりで肘を置いても痛くならない仕上げにしました。

f:id:Rnew:20200610191054j:plain

ウォールナット 木の香りは~あまりしませんね。初めて知りました。

僕は日頃からヌメ革や革靴、ジーパンなど風合いが増していく

経年変化するものが好きで たまにメンテナンスする事ものも楽しみの一つ

なっています。

今回はこのウォールナットの机もその仲間入りしていこうと考えています。

f:id:Rnew:20200610191112j:plain

今回使うのは未晒し蜜ロウワックス

自然素材だけで作られているのでシックハウスやアトピーの方など安心して使えるものとなっています。

f:id:Rnew:20200610191128j:plain

ほかに必要なものはスポンジ乾拭き用の布となります

スポンジはホームセンターなどに売ってある車用のものでも大丈夫です。

f:id:Rnew:20200610191139j:plain
f:id:Rnew:20200610191145j:plain

1つだけ注意点があり、使用したスポンジやタオルは水に浸して処分してください発火の危険性があるとのことです。

スポンジは4分の1にチョキチョキしていきます。

f:id:Rnew:20200610191203j:plain

余ったスポンジは次のメンテナンスのため残しておきます。

このスポンジはホームセンターで3つで200円ぐらいでした。

説明書を読んでいきます。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

塗り方は革製品をメンテナンスする容量とよく似ています

未晒し蜜ロウワックスを少量スポンジにとり、薄ーく伸ばしていく、

そのあと乾拭きしたのちに半日から1にち乾燥させるこの3ステップで簡単です。

ワックスを一度に大量に付けるとべたつきの原因となりますので注意してください。

f:id:Rnew:20200610191215j:plain

この未晒し蜜ロウワックスはAからCの3つのタイプがあります。

このワックスに入っている成分

蜜蝋エゴマ油配分比率が違うらしくワックスの硬さに違いがあります。

f:id:Rnew:20200610191221j:plain

油分の吸い込み広がり方が木材の種類によって違い、ひろい面積(フローリング)を塗る場合はCの伸びやすいほうがお勧めです。

今回僕はAタイプを購入しました。

Aタイプはバターのような硬さがあります。

まずはこのバターをチーズ・・・スポンジにまんべんなく塗り付けます。

こんな感じ

f:id:Rnew:20200610191245j:plain

木材に未晒し蜜ロウワックスを塗るのは初めてなので端っこのほうで軽く塗ってみます。

f:id:Rnew:20200610191303j:plain

ここで癖が出てしまいました。

革製品にクリームを塗るときは円を描くように塗っていくのですが

今回は木材。

木の木目に沿って塗りつけつるほうがよさそうです。

塗る前と後では雰囲気がガラッと変わります。

木目が浮き上がってきて飴色になります。

それでは全体的に塗っていこうと思います。

しみ込み方がヌメ革の財布に初めてクリームを塗った時とよく似てます

めちゃくちゃしみ込む

f:id:Rnew:20200610191314j:plain

今ヌメ革の財布2年以上使用してますがメンテナンスしていくと次第にしみ込まなくなり表面でストップしている感じがします。

この天板も次第にそうなっていくかもしれません。

説明書にはテーブル天板の塗りなおし時期は適時

f:id:Rnew:20200610191331j:plain

とあり、頻繁に触れる箇所の色褪せ撥水効果が落ちてきたときにメンテナンスしていきたいと思います。

今回は初めてこの机に未晒し蜜ロウワックスを塗るので

ワックスを塗ったすぐに乾拭きはせず2時間ほど放置して

天板に浸透さた後に浸透しきれていない表面にムラになっているところを

乾拭きしました。

本来はワックスを塗った後すぐに乾拭きしなければならないのですが、

今回は自己流

f:id:Rnew:20200610191340j:plain

こうしたらいいんじゃないかな!?

という

机に対する気持ちの問題

良くも悪くもこれが愛着につながると思っています。

f:id:Rnew:20200610191347j:plain

それでは全体的に色が変わっていく様子をご覧ください

f:id:Rnew:20200610191352j:plain
f:id:Rnew:20200610191403j:plain

サイド横の部分も塗っていきます

f:id:Rnew:20200610191413j:plain

未晒し蜜ロウワックスを全体的に塗り終えました。

いまの段階ではまだ乾拭きしていない状態なので少しテカテカに光っていますが

時間を置き乾拭きすると程よい光沢感になります。

それでは乾拭きしていきます。

f:id:Rnew:20200610191427j:plain

乾拭きした後の質感はニスとは違い木の温かい質感を保ちつつ少しサラサラした印象になりました。

f:id:Rnew:20200610191432j:plain

僕が懸念しているのはこれから暑い時期・・・

アイスコーヒーなんかを飲んで水滴が天板に付き

水染みになるのだけは避けたかったので

気持ち軽く二度塗りしていこうと思います。

すべての工程が終わりました。

f:id:Rnew:20200610191438j:plain

正直このウォールナットを言う木材を甘く見ていました。

カメラ後しては伝わりにくいかもしれませんが~

今までに見たことがない光沢感

単純に光っているというわけではなく、

木目に沿って光沢の波があり真珠のような~美しさ。

f:id:Rnew:20200610191451j:plain

魔法の杖を何材で作りたい?と聞かれたら間違えなくウォールナットと答えます。

f:id:Rnew:20200610191446j:plain

濃いめのブラウンに上品な光沢感、落ち着いたおとなの印象を与えてくるウォールナットはそれは美しくそして強い魔法が放てそう。

と言いうのは置いといて

このワックスの撥水加工を見ていきます。

f:id:Rnew:20200610191458j:plain

万が一飲み物をこぼしても早めにサッと拭き上げれはしみ込むことなく拭き上げることができます。

f:id:Rnew:20200610191502j:plain

それではまとめに入らせていただたきます。

今回世界大3銘木ウォールナットに未晒し蜜蝋ワックスを塗ってみて

メンテナンスが楽しみに変わる

ウォールナットは最高

f:id:Rnew:20200610191509j:plain
シックハウス対策に天然成分100%ワックス『未晒し蜜ロウワックス』/Aタイプ 100ml

使用した未晒し蜜ロウワックスの量は100㎖の1/3程度でした。メンテナンスしていくので少し多い量持っとくといいかもしれませんね!フローリングなど大きな面積を塗るのであれば1ℓのCタイプがよさそう。机ぐらいだと楽しく塗り終えますが面積が大きいと疲れちゃうかも~

DIY 家具
スポンサーリンク
phootoblog|ホットブログ